○ショップのトップへ○
++商品のご案内++
商品一覧
++ギャラリー++
クリスマスローズ
++種のお取り扱いについて++
種の保存方法
種のまき方
交配方法
++クリスマスローズの育て方++
□育て方一覧
++お買い物方法++
ご注文・お支払い・発送方法
++Q&A++
よくあるご質問です
++お問い合わせ++
お気軽にどうぞ
++便利リンク++
+ヤマト運輸ホームページ
農園概要
セキュリティについて
販売法に基づく表示

■種のまき方■
*種子が届きましたら1晩水に浸して水分を取り戻してください。
1
蒔く前に半日程度ベンレートの1000倍溶液にひたして
消毒してください。
2
発芽後の成長の事を考えて3号ポットでしたら5〜6粒程度です。
まず初めに赤玉土の中粒を2センチ程度入れ水はけを良くします。
3
その上に赤玉土の小粒を鉢の7分目ぐらいまでしきます。
4
蒔く種の種類をラベルに書き鉢に挿します。
(マジックではなくHBの鉛筆で書くと良いでしょう。)
5
ピンセットで種が重ならないように蒔きます。
出来れば種は1〜2センチ間隔をあけてください。
6
出来れば種は1〜2センチ間隔をあけてください。
あまり詰めて蒔きますと、発芽前に腐敗したり、発芽後の成長の鈍化、病気の原因になります。御注意ください。
7
種の上に1センチ程覆土します。
8
種を蒔いたらすぐ水をじょうろで十分にあげます。
この時、水を十分にあげ鉢から土の微塵を流します。
水やりをした後、ベンレート1000倍溶液で鉢ごと土も
消毒すると尚良いでしょう。
9
発芽までの間、雨露の当たらない日陰で管理します。
雨露の当たる場所ですと、梅雨や秋の長雨で種子が腐る場合が
ありますのでご注意ください。
また寒気に当てる必要がありますので
双葉が出るまでは室内などには取り込まないでください。
但し、何日も用土が凍り付くようでしたら
暖房のしていない玄関等の場所などに取り込むことをお奨 めいたします 。

リヴィダス、コルシカス等は11月〜、
ハイブリッドは12月〜順次発芽してきます。
発芽が始まりましたらダコニールの1000倍溶液で2週間に
1回程度消毒すると良いでしょう。
ご注意
■種蒔きの際の注意点

○土は新しい新鮮なものを使います。

○肥料分、腐食質(ピートモス、腐葉土など)のものは混ぜないでください。(種の腐敗の原因になります。)

○土は赤玉土単用または赤玉土に
2〜3割パーライト(小粒)バーミキュライトを混ぜてても良いでしょう。

○発芽までの間、土を乾燥させないよう注意してください。
(乾燥させると発芽率が下がります。)
但し、過湿も種子の腐敗の原因になりますので注意しましょう。

○水やりの目安は表土が 少し乾いたら十分に水やりをしてください。
種も呼吸をしています。月に一度、水を十分にやり鉢の中の古い空気を抜くといいで しょう。

○発芽までの間、月1〜2回、ベンレート1000倍溶液の散布をお勧めします。


当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。全ての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2004-2005 Ohgi Nursery. All right reserved.


農園概要 | セキュリティーについて | 販売法に基づく表示 | お問い合わせ