-->
Ohgi Nursery Blogはこちらから≫

■10月■


10月に入りますと秋の成長が本格的に始まります。
この時期の管理は来春の開花に大きく影響しますので、大事です。
また、先月までしていた日除けも外し日光に充分当てて株の充実を
はかります。

 
勢い良く伸びた新芽。
新芽が出てきますと肥料が必要になりますので、
リン酸分の多い緩効性化成肥料を適量上げましょう。


10月の管理

--今年蒔いた種の場合--

10月になりますと、気温が下がってきますが、
雨も少なく空気が乾燥してきますので、ポットの乾きも早くなります。
10月末ぐらいになりますと、早い種では発根が始まります。
発根が始まりますと、水分を必要とする為、水が切れやすくなります。
乾燥させないよう充分注意しましょう。

蒔いた種子に関しては日陰の雨露の当たらない所で湿度を調整しながら
管理しましょう。
水やりの目安は表土の色が変わってきましたら
(乾燥して表面の土の色が変わりはじめたら)
たっぷりあげましょう。乾燥させないよう気を付けます。
またポットに受け皿を置かれる場合は水やり後、皿の水は捨てましょう。
多湿は腐敗の原因になります。
また2週間に一度ベンレート1000倍液にて消毒しましょう。


--苗、開花株の場合--

10月に入りますと次第に気温が下がり、クリスマスローズの成長が
本格的に始まります。
新芽が伸びて来ますと、水分を必要としますから、涼しくなっても
水切れする事があります。
水切れを起こしますと、来年の開花などに影響しますので、
水切れしないように良く観察しながら水やりをします。
この時期、肥料切れを起こしやすくなりますから、肥料切れ
しないよう適量をあげます。

花芽の充実をはかる為に、リン酸分の多い緩効性化成肥料を
鉢のへりにあげます。
化成肥料は15センチポットで4〜6粒で十分です。
肥料のあげ過ぎは根腐れの原因になりますので十分注意します。
ハイポネックスなどの液体肥料1000倍溶液を週に1回水やり
代わりに上げます。
また古葉などが枯れてきた場合は取り除き株元を清潔に保ちます。

今年発芽した苗も新しい葉がどんどん出てきます。
開花株と同様に肥料を上げます。
肥料のあげ過ぎは根腐れの原因になりますので十分注意します。
化成肥料は9センチポットで1粒で十分です。
また9月に引き続きポット替えをします。早めにポット替えをすると、
その後の成長が非常に良いです。

ポット替えについてはこちらを参照してください。

1週間に1度程度、鉢の中の古い水、空気が抜けるよう
たっぷり水をあげると良いです。
フェチダス、リヴィダスなどは過湿にしますと根腐れを起こし
枯れる場合がありますので、他のハイブリッドなどよりも乾き
気味に管理します。


■置き場所

6月よりしていました日除けを外します。
この時期は日当たりの良い場所に置き、日光に充分あて、
株の充実をはかります。


■肥料

この時期、肥料切れを起こしやすくなりますから、肥料切れ
しないよう適量をあげます。
花芽の充実をはかる為に、リン酸分の多い緩効性化成肥料を
鉢のへりにあげます。
化成肥料は15センチポットで4〜6粒で十分です。
肥料のあげ過ぎは根腐れの原因になりますので十分注意します。
ハイポネックスなどの液体肥料1000倍溶液を週に1回水やり
代わりに上げます。


■植え替え

8月のお盆を過ぎた頃より、今年発芽したポット苗を5号〜6号
ポットに植え替えをすると、その後の成長が良く、発芽より
約2年で花を咲かせる事が出来ます。
9月より始めたポット替えがまだの場合は出来るだけ今月中に
作業しましょう。

植え替えにつきましてはこちらを参照してください。


■株分け

開花し始めてから5〜6年たった大株は、徐々に株の勢いが
なくなってきますので、株分けする事で株を更新します。

株分けについてはこちらを参照してください。


■植え付け

10月〜11月が適期です。
但し、寒冷地での植え付けは春、ある程度暖かくなってからします。
植え付けはこちらを参照してください。


■病害虫対策

秋から新しい葉が展開するハイブリッドはこの時期、
新しい葉にべと病などが出る場合があります。
予防としてマンネブ水溶液などを散布すると良いでしょう。
またべと病が発生した場合、そのままにしておきますと、症状
が悪化してきますので、見つけ次第、症状のあらわれた葉を
切り取り消毒しましょう。

また、新しい葉が展開し始めますと、新しい葉にブラックデス
やウィルス性のモザイクなどの症状が出る場合がありますので、
良く観察し、そのような株を見つけた場合はすぐに隔離し、
新しい葉が伸びても同じ症状が出るようであれば廃棄します。
ブラックデスは現在のところ、有効な治療方はありません。
また他の株に伝染しますので、見つけ次第廃棄しましょう。
感染した株の用土、鉢は使い回さない方が無難です。

 
ブラックデスに感染した株。
このような症状が出た株は見つけ次第廃棄しましょう。

病害虫に関してはこちらを参照してください。




当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。全ての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2004-2005 Ohgi Nursery. All right reserved.