-->
Ohgi Nursery Blogはこちらから≫

■9月■


9月に入りますと次第に気温が下がってきますが、まだまだ残暑がきびしい時期です。
少し水やりも楽になってきますが、まだ暑い日もあるので油断できません。
9月は花芽形成の大事な時期ですので、台風などで葉が傷まないよう
充分に注意しましょう。
早い株では8月下旬頃より新しい葉が展開してきます。
秋の成長の始まりです。
 
※新芽が展開し始めた開花株(左)と1年苗(右)。


9月の管理

--今年蒔いた種の場合--

今月の管理は基本的に前月と同じです。
9月になりますと、次第に気温が下がってきますが、まだまだ残暑が
きびしい時期ですので、状態を良く観察し水切れしないよう十分注意しましょう。
乾燥させると発芽率が下がるので良く観察し適切に水やりをします。

蒔いた種子に関しては日陰の雨露の当たらない所で湿度を調整しながら
管理しましょう。
水やりの目安は表土の色が変わってきましたら
(乾燥して表面の土の色が変わりはじめたら)
たっぷりあげましょう。乾燥させないよう気を付けます。
またポットに受け皿を置かれる場合は水やり後、皿の水は捨てましょう。
多湿は腐敗の原因になります。
また2週間に一度ベンレート1000倍液にて消毒しましょう。
この時期ポットにコケ、雑草などが生えてくる事があります。
生えて来た場合は早めに取り除きましょう。


--苗、開花株の場合--

9月に入りますと次第に気温が下がってきますが、まだまだ残暑がきびしい時期です。
この時期はまだ水切れをおこしやすいので水切れしないよう十分注意します。
水切れをおこしますと、株の抵抗力が落ち、病気におかされる一因ともなります
ので気をつけます。
また、雑草が生い茂ってきますので、見つけたら早めに抜き、
苗場を清潔に保ちましょう。
雑草を生えたままにしておきますと害虫の住処になりますので、
清潔に保つ事が病気の予防になります。
早い株では8月下旬より新しい葉が展開し始めます。
9月より生育状況を見ながら、徐々に肥料を施します。
初めは液体肥料の1000倍溶液を週に1度程度あげて様子を見ます。
中旬以降になりましたら、緩効性の化成肥料を鉢のへりに少量あげます。
化成肥料は15センチポットで4〜6粒で十分です。
肥料のあげ過ぎは根腐れの原因になりますので十分注意します。
また古葉などが枯れてきた場合は取り除き株元を清潔に保ちます。

今年発芽した苗の早い株では本葉が既に3枚程度出ている株もあります。
早い株では8月下旬より新しい葉が展開し始めます。
まだ弱いですので、過湿、乾燥、遮光などには十分気をつけましょう。
9月より生育状況を見ながら、肥料を施します。
初めは液体肥料の1000倍溶液を週に1度程度で様子を見ます。
中旬以降になりましたら、緩効性の化成肥料を鉢のへりに少量あげます。
肥料のあげ過ぎは根腐れの原因になりますので十分注意します。
化成肥料は9センチポットで1粒で十分です。

晴れた暑い日は水が切れやすくなりますので、水切れしないよう注意しましょう。
ひどく乾く場合は朝、夕の2回水やりをします。
朝の水やりは気温が上がる前にあげます。
1週間に1度程度、鉢の中の古い水、空気が抜けるようたっぷり
水をあげると良いです。
フェチダス、リヴィダスなどは過湿にしますと根腐れを起こし枯れる場合があります
ので、他のハイブリッドなどよりも乾き気味に管理します。
特にこの時期は直接雨が当たらない場所での管理をお勧めします。


■置き場所

まだ日射しの強い日が続きますので、日除けをするか風通しの良い
明るい日陰へ移動しましょう。
日除けをする場合、遮光率が50%〜70%の寒冷紗を使うと良いでしょう。


■肥料

9月より生育状況を見ながら、肥料を施します。
初めは液体肥料の1000倍溶液を週に1度程度で様子を見ます。
中旬以降になりましたら、緩効性の化成肥料を少量あげます。
化成肥料は15センチポットで4〜6粒で十分です。
肥料のあげ過ぎは根腐れの原因になりますので十分注意します。


■植え替え

8月のお盆を過ぎた頃より、今年発芽したポット苗を5号〜6号ポットに
植え替えをすると、その後の成長が良く、発芽より約2年で
花を咲かせる事が出来ます。

※この時期にポット上げした苗(左)とポット替えの時期が遅かった苗(右)。
成長の差がハッキリと見えます。


※ポット替え前の苗(左)とポット替え後の苗(右)

但し、植え替えの際、根を傷めたりしますと、枯死する可能性
もありますから、ある程度経験のある方にお勧め致します。
初心者の方は涼しくなってくる9月末頃よりのポット替えをお勧めします。
植え替えにつきましてはこちらをご参照ください。


■病害虫対策

9月は先月に準じます。
高温で乾燥した日が続きますとハダニが発生しやすくなります。
ハダニは乾燥を嫌いますので、葉水をすると効果的です。
また葉の裏にハダニはいますから水やりの際は葉裏にも水をかけましょう。
ハダニが発生した場合はケルセン乳剤などの殺ダニ剤を規定に
従い散布しましょう。

また根腐れ病、軟腐病が発生する場合がありますので、
スプレプトマイシンなどの抗生物質を散布し、予防しましょう。
予防としては、水はけ良く植え、株元を清潔に保つ事が大事です。

秋から新しい葉が展開するハイブリッドはこの時期、新しい葉に
べと病などが出る場合があります。
予防としてマンネブ水溶液などを散布すると良いでしょう。




当サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。全ての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2004-2005 Ohgi Nursery. All right reserved.